給湯器トラブルで検討する点

カレンダー

2018年11月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

見所一覧

2018年08月30日
給湯器の点検も大切です。を更新しました。
2018年08月28日
現在存在する様々な給湯器のあり方を更新しました。
2018年07月29日
ガス給湯器の特徴と業者の選び方ですを更新しました。
2018年06月15日
給湯器の修理に関してを更新しました。
2018年04月27日
基本的に給湯器の値段は非常に高いです。を更新しました。
2017年12月10日
マンションのしゃべる給湯器を更新しました。
2017年11月02日
アフターケアがしっかりとしているメーカーの給湯器を更新しました。
2017年10月01日
古い給湯器を使い続ける時の注意点があります。を更新しました。
2017年09月29日
給湯器を長く安心して使用するにはを更新しました。
2017年08月28日
給湯器の寿命とその兆候を知るとを更新しました。
2017年07月25日
給湯器の気になる所を更新しました。
2017年07月25日
給湯器は縁の下の力持ちを更新しました。
2017年07月25日
お湯が止まったらまず確認!を更新しました。
2017年07月25日
給湯器トラブルで検討する点を更新しました。

自主点検から給湯器交換のタイミング

お湯を瞬間的に沸かす給湯器は、ガスエネルギーを利用している世帯では必要不可欠です。その必要不可欠な給湯器は、故障するまで使い続けているのが現状です。故障するまで使い続けることが普通のことかも知れませんが、故障した時に、はじめて不完全燃焼を起こしていた事が判明したりします。その事は事故に繋がる危険性があり、未然に事故を防ぐ為にも日頃から給湯器の点検を行い、おかしいと思ったら専門業者へ依頼することです。
そこで依頼をする前の給湯器の自主的な点検はどのように行えばよいのかご紹介します。点検項目は、①給湯器外観に凹み、さび、ひび割れがないか。②異常な音がしていないか。③排気口や周辺に黒いすすは付着していないか。④不使用時にガスの匂いがしていないか。⑤普段と比べて点火までに時間がかかっていないか。⑥お湯の温度が熱すぎたり、冷たすぎたり不安定ではないか。⑦水漏れはしていないか。この7点を1年に1回は点検するとより安心して給湯器を使用することができます。
点検をして、一つでも異常が見つかった場合は、製造年から約10年を経過している給湯器は、製造が打ち切りになっている場合があり、部品保有期間が約10年程度の為、修理する部品が供給されていない事が考えられます。また、修理したとしても経年劣化は避けられず、別の箇所が故障する可能性があり、製造年から10年以上は給湯器交換のタイミングになります。

お風呂用に給湯器を選ぶなら追い炊き機能付

お風呂用に給湯器を設置する場合は、追い炊き機能付き給湯器がお勧めです。追い炊き付きのガス給湯器であれば30万円前後とちょっと高額になり、迷う方もおられると思いますが、安いからと言って給湯専用を取り付けた方の大半は後で後悔をします。給湯専用ですとお風呂にお湯を溜めての入浴となりますが、冬場は浴槽も結構冷えていて給湯温度を高温に設定しないとお風呂に入る適温を確保できないことになります。
しかも給湯温度は流し台等他の給湯と温度設定は一緒になりますからその都度温度設定を変えなければなりません、これって結構面倒ですよ。その点追い炊き機能付きですとお風呂の温度設定を42度に決めれば、定めれられた量までお湯を溜め、その後お湯が設定温度に達していなければ設定温度まで追い炊きしてくれます。
また、給湯専用の場合、適温に溜めたお風呂のお湯は時間の経過とともに下がると、お湯を足して温度を上げることになりますが、水もガスも結構無駄にします。追い炊き機能付き給湯器であれば追い炊きボタンを押すだけで再度設定温度まで上げてくれますのでとても快適で経済的です。帰宅時間がまちまちのご家族がおられるところは絶対に外せない機能ですので購入を検討されている方は少々お高くとも追い炊き機能付きをお勧めします。尚、ぬるくなるのは厭という方には、一定時間設定温度に保つこともできる自動保温機能付きもあきます。

インフォメーション

給湯器の点検も大切です。

給湯器は生活に必要な方も多く、毎日のように使う方もいます。毎日安心して使い続けることができるように、給湯器の状態をきちんとチェックする事も大切です。長期間使い続ける際に、見た目は問題なくても、中で調子が悪くなっている箇所が見つかる可能性もあります。長期間安心して使い続けることができるよう…

詳しく見る

現在存在する様々な給湯器のあり方

一口に給湯器といっても、これには実に様々なものが存在しているといえます。現在においては、多く一般家庭内において使用されているタイプのほとんどが、電気式湯沸かし器ポットであるタイプのものであるといえます。とても安全である上に、必要な分だけのお湯しか沸かしたりしませんので、使用電気量あたりの…

詳しく見る

ガス給湯器の特徴と業者の選び方です

お風呂のお湯に欠かせないのが給湯器です。この給湯器には、ガスのタイプの場合には2種類あり鍋に水を入れておいて沸かすのと同じ原理の貯湯式とガスの量を瞬間的に増やしてお湯の温度を上げる瞬間式の2種類があります。普段はなにげなく使っていますが、急に壊れたら慌ててしまいます。しかし、壊れてしまう…

詳しく見る

給湯器の修理に関して

給湯器が故障してしまったと考え早急に業者に修理依頼をしてしまいがちですが、実は暴風や動物などによるいたずらで機器の接触が悪くなることも考えられます。ちょっとした振動でも支障が出ることもあります。コードが外れてしまっているくらいでは、自分で直すこともできます。また、リモコン上にエラーコード…

詳しく見る

基本的に給湯器の値段は非常に高いです。

基本的に給湯器の値段は非常に高いです。中古のものでも高いですから、購入する際は必ずインターネット通販サイトで好評を得ているものを購入するようにしましょう。そうすれば耐久性に関して不安に感じることはありませんし、好評を得ているものの多くは値段が他の商品と比べて安い傾向がありますから、出費も…

詳しく見る

Copyright(C)2017 知ってるようであまり知らない給湯器の交換タイミング All Rights Reserved.